検索
  • Saito Shigeru

競争原理


「齊藤塾では、塾内テストで偏差値60代、70代の塾生が熾烈な戦いを演じています」

ということはありません。

塾内テストで、偏差値60以上の塾生7~8名の順位が毎回入れ替わり競争しているように私の目には見えてしまいます。でも、全体を把握している私の目だけにそう見えるのです。

実は、塾生はいったい自分の塾内順位が何位かということを知りません。発表していないのです。それどころか、中3生全体の塾生数も知らないはずです。塾内テストの時に周りを見渡して、おおよその数を想像するだけです。実数を知っているのは私だけです。(勿論、私の家族も知りません。)

何故か。

必要ないからです。

他人との競争は無意味だからです。齊藤塾の中3生が何人いて、自分がその中で何位かなどということは、勉強には全く関係ないことです。

多くの塾で、塾生どうしを競争させ、クラス分けなどもしているようですが。

「昨日の自分」よりも少しだけ賢くなること。「昨日の自分」よりも少しだけ強くなること。 それ以外、いったい何が必要でしょうか。それ以外は雑音でしかありません。

その戦いに他人との比較は無意味です。競争は雑念です。自分の努力で成果が出ても、他人がもっと上の結果を出したために順位が下がったり、自分はさぼったのに他人がもっと気を抜いたために順位が上がったり。そんなことで一喜一憂すること自体無意味です。

他人との競争で磨かれる部分があることは十分承知の上で書いています。 競争相手がいることで、油断できない厳しさも体験できます。 そんなことも分かっている。そもそも受験自体、他人との競争そのものですし。

そんなこと承知です。

昨日の自分と戦って一歩だけ前に進む。 昨日の自分よりも少しだけ何かができるようになっている。 これしか伸びる道はないのです。 切磋琢磨とはそういうことです。

他人との戦いが何故苦しいか。 それは、自分には他人を変えることができないからです。 自分ではどうすることもできないことにとらわれることは、苦しいだけで何も得るものはありません。 自分の外部にあるものに「とらわれている」状態は自由ではありません。 齊藤塾が目指す「自立」と対局にあるものです。

自分さえしっかりしていれば、確実に力がついて行きます。 見つめるべきは自分自身です。毎日自分自身を見つめて戦い続ければ、合格は向こうからやってきます。 自分だけを見つめる戦いを他の人はできないからです。

美味しい食事を出す店がない、と不満を持つ人がいます。 一方、どんな食事も美味しくいただこうとする人もいます。


常に自分を見つめて一歩一歩前に進む。その方が高みに登れるのです。気が付くとその高さに自分で驚くはずです。

1回の閲覧

最新記事

すべて表示

ストレスも必要

人が育つにはストレスは必要不可欠です。 適度のストレス。 いや、本人にとっては「ちょっとキツイ」と感じられるレベルのストレス。 乗り越えられるか、いまひとつ自信がないレベルのストレス。 哲学者が言う通りだと思います。 困難を前にして初めて思考は起動します。 乗り越える自信のない障害に立ち向かうときだけ、自分でも信じられないほどの能力が開花します。 だから、部活でも、 練習はキツイ。 勉

自分だけの頭だから

正しい方法。 あることはある。 近道はある。 確実に。 ある意味、それを教えるのが塾の仕事。 そして、それを自分のものにするのが塾生の仕事。 でも、その前に君にして欲しいことがある。 それは、自分で考えること。 めちゃくちゃぎこちなくて良い。 下手で良い。 恥ずかしくて、他人に見せられないような方法でよい。 君ひとりだけの脳みそを使ってどこまで考えたか。 それを見せて欲しい。 「全然わかりませんで

生徒に負荷をかける

伸びない生徒の特徴です。 計算をつねに暗算でやり、間違ったらその直しも暗算でやる生徒。このような生徒は、自分に分かる問題を解くのは驚異的に速い。ところが、分からない問題に遭遇するとピタッと手が止まり、思考も止まる。そして、白紙答案を出す。記述問題はやらないか指定字数の半分も書かないで提出する。作図問題や証明問題部分も白紙が多い。それで許されると思っているらしい。甘えている。 (OECDの調査でも

©2019 by 齊藤塾。Wix.com で作成されました。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now