検索
  • Saito Shigeru

退屈のその向こう


漢字練習や英単語の暗記、計算練習などはなんとも退屈な作業だ。

小学校低学年ならいざ知らず、思春期以降の人にとっては、知的刺激の足りない「作業」にしか感じられないものだろう。どうしてこんなことをやれねばならないのか。もっと、ワクワクすることをやりたいのに。そういう不満を持つ人も少なくないだろう。

その気持ちは良く分かる。

私も通って来た道だから。

このような不満を持つ人が気づいていなこと。それは、反復練習にはその先があるということ。

つまり、反復練習はそれだけでは終わらないということだ。

漢字も英単語も計算も、それだけ完結してしまったらなんとも味気ない。

これらは、避けては通れない通過点なのだ。ワクワクする学習につながる土台部分だと言ってもよい。

この通過点を通らずに「ワクワク」だけを享受することは不可能だ。勉強ってそんな甘いもんじゃない。

この土台部分なしで、ワクワクだけを構築することも不可能なのだ。ものには順序というものがある。

大人なら皆知っていること。

だから「どうして、こんな単純作業を・・・」と不満を持つヒマがあったら「エイヤァー!」との勢いでこの作業の過程を突き抜けて欲しい。そして、次のステージでワクワクを十二分に享受してもらいたい。

昔ながらの職人の修業時代なんて、こういうことが当たり前だった。

修業で課されることのひとつひとつの意味なんて、説明されなかった。


もう、そういう時代ではない。

しかし、何かを身につけるための物事の順序が変ってしまう筈はない。

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

ストレスも必要

人が育つにはストレスは必要不可欠です。 適度のストレス。 いや、本人にとっては「ちょっとキツイ」と感じられるレベルのストレス。 乗り越えられるか、いまひとつ自信がないレベルのストレス。 哲学者が言う通りだと思います。 困難を前にして初めて思考は起動します。 乗り越える自信のない障害に立ち向かうときだけ、自分でも信じられないほどの能力が開花します。 だから、部活でも、 練習はキツイ。 勉

自分だけの頭だから

正しい方法。 あることはある。 近道はある。 確実に。 ある意味、それを教えるのが塾の仕事。 そして、それを自分のものにするのが塾生の仕事。 でも、その前に君にして欲しいことがある。 それは、自分で考えること。 めちゃくちゃぎこちなくて良い。 下手で良い。 恥ずかしくて、他人に見せられないような方法でよい。 君ひとりだけの脳みそを使ってどこまで考えたか。 それを見せて欲しい。 「全然わかりませんで

生徒に負荷をかける

伸びない生徒の特徴です。 計算をつねに暗算でやり、間違ったらその直しも暗算でやる生徒。このような生徒は、自分に分かる問題を解くのは驚異的に速い。ところが、分からない問題に遭遇するとピタッと手が止まり、思考も止まる。そして、白紙答案を出す。記述問題はやらないか指定字数の半分も書かないで提出する。作図問題や証明問題部分も白紙が多い。それで許されると思っているらしい。甘えている。 (OECDの調査でも

©2019 by 齊藤塾。Wix.com で作成されました。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now