検索
  • Saito Shigeru

新型コロナとの戦いは戦争と同じ


私は、自分の人生で戦争を経験することはない、と勝手に思っていました。 震災と原発事故を目の当たりにして、それが根拠のない思い込みだと気づきました。 そして、今回の新型コロナとの戦い。 これは、戦争と同じです。 「マジでヤバいんだよ」 と表現すれば若い人には伝わるでしょうか。 約100年前のスペイン風邪以来の最大の感染危機がもうそこまでやってきているかもしれません。 自分の身近に感染者がいないって? 見える所に感染者が出たら、もう感染爆発が止められなくなるでしょう。 100年前と同じことが起きつつある、 ということは、今生きている人の大半には未経験のことなのです。 勿論、私にも。 「これは本当の危機だ!」 と感覚的に分かった時には、もう遅い。 泣くしかない。祈るしかない。 そういうこともあるのです。 旅行もしたい、花見もしたい、コンサートにも行きたい。 いや、もうそんなレベルの話はとっくに過ぎていますよ。 部活も大事、勉強も大事、学校見学も大事。 暫く、その話も難しい。 残念ながら。 最優先は何か。 後で、臆病だと笑われても良いので、生き延びること。 今までの私達の生活自体が反省を迫られている、とも言えます。 そんなこと言ったら、何もできないじゃないかって? そんなことはない! どこにいても1日は24時間です。 時間が減るわけではないのです。 今の時間をどう有効に使うのか。 こういう時こそ、ひとりひとりの姿勢が問われる。 コロナがあっても無くても、1日の長さは同じです。 私達の日々の姿勢が問われている。 コロナにぶん殴られたんだから、目が覚めなきゃ。 武漢で感染が広がっていた時、ヨーロッパ人達はまるで他人事でした。 2か月後に身近な人の葬儀になるなんて誰も考えもしなかった。 恐いことです。 人類はその歴史の中で、何度も経験してきたことですが。 そう言えば、 第1次世界大戦が始まった時も、戦地に赴く男たちは 「この戦争は1週間で終わるから、すぐに帰ってくるよ」 と言って出かけていったということです。 外出はできるだけ控えたいものです。 慣れない「我慢」のトレーニングだと思って。

19回の閲覧

最新記事

すべて表示

ストレスも必要

人が育つにはストレスは必要不可欠です。 適度のストレス。 いや、本人にとっては「ちょっとキツイ」と感じられるレベルのストレス。 乗り越えられるか、いまひとつ自信がないレベルのストレス。 哲学者が言う通りだと思います。 困難を前にして初めて思考は起動します。 乗り越える自信のない障害に立ち向かうときだけ、自分でも信じられないほどの能力が開花します。 だから、部活でも、 練習はキツイ。 勉

自分だけの頭だから

正しい方法。 あることはある。 近道はある。 確実に。 ある意味、それを教えるのが塾の仕事。 そして、それを自分のものにするのが塾生の仕事。 でも、その前に君にして欲しいことがある。 それは、自分で考えること。 めちゃくちゃぎこちなくて良い。 下手で良い。 恥ずかしくて、他人に見せられないような方法でよい。 君ひとりだけの脳みそを使ってどこまで考えたか。 それを見せて欲しい。 「全然わかりませんで

生徒に負荷をかける

伸びない生徒の特徴です。 計算をつねに暗算でやり、間違ったらその直しも暗算でやる生徒。このような生徒は、自分に分かる問題を解くのは驚異的に速い。ところが、分からない問題に遭遇するとピタッと手が止まり、思考も止まる。そして、白紙答案を出す。記述問題はやらないか指定字数の半分も書かないで提出する。作図問題や証明問題部分も白紙が多い。それで許されると思っているらしい。甘えている。 (OECDの調査でも

©2019 by 齊藤塾。Wix.com で作成されました。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now