検索
  • Saito Shigeru

周りが気になる受験生


前高、前女、高高、高女受験生でも試験中に周りの受験生が気になる人がいるかと思います。

つまり、「隣りの子はもう2枚目の問題に入ったの?早いなあ。」とか、「どうしてあいつは鉛筆が動き続けるんだよう。ボクなんてずっと考えているのに。」などと余計なことばかり考えてしまい、肝心の試験問題の方に集中できない人のことです。入試は時間との勝負、集中した人の勝ちです。試験時間中に邪念が入ったら負けです。でも、予想以上に緊張していつもとは違う精神状態になる危険性もありますよね。

そんな君に,自分のペースで問題を解くためのテクニックを伝授しましょう。

周りの子の進行状況が気になる人は、1番の問題からは解かないことをお勧めします。例えば3番、2番、1番の順で解く、とか大問2(例えば2ページ目)から解くのです。そうすれば同じ時間帯には隣の人は別の問題を解いているはずですから、気になって自分のペースを乱されることはなくなります。実際にやってみると、隣の人が全く別の作業をやっているような感覚になります。

時間配分に失敗したことのある人は次の方法が有効です。それは、試験開始と同時にすぐに問題を解き始めずに、解く予定の問題順にその問題を解き終わる予定時刻を問題の横に大まかに書き込んでおくのです。そうすることで、一つの難しい問題を考え過ぎて他の易しい問題を慌てて解いて失敗するということが避けられます。出題者が意図的に途中に難問をちりばめておき、受験生のペースを乱すような問題配列にしてあることが時々あります。難問を軽く飛ばして、自分に解ける問題で最大限に得点するためにも、この方法はお勧めです。

それと、休み時間に廊下などで、他校の生徒の会話は聞かないように。

「やったー!予想以上に簡単だったねー。」「3番の答えは(ア)だよねえ。君もそうなの!オッケー!握手ぅ!」みたいな会話はどうしても気になります。「え?私には簡単じゃなかったのに。」とか「え?3番は(イ)って書いちゃったよう。もうダメだ。」などと考えてしまって次の教科の試験を平常心で迎えられません。実は彼等の廊下での会話は彼等の戦略なのです。都市部の子が良くやる手なのですが、無意味にそのような会話をして他校の生徒のペースを乱してやろうと意図的にやっていることなのです。吾妻の純粋な水と空気で育った君達はまだそのようなスレた子達への対応を知りません。だから、無視しましょう。耳に入ったら「あー、やってるやってるぅ。スレた奴らの戦略だぁ。」と下を向いて笑いましょう。

2回の閲覧

最新記事

すべて表示

ストレスも必要

人が育つにはストレスは必要不可欠です。 適度のストレス。 いや、本人にとっては「ちょっとキツイ」と感じられるレベルのストレス。 乗り越えられるか、いまひとつ自信がないレベルのストレス。 哲学者が言う通りだと思います。 困難を前にして初めて思考は起動します。 乗り越える自信のない障害に立ち向かうときだけ、自分でも信じられないほどの能力が開花します。 だから、部活でも、 練習はキツイ。 勉

自分だけの頭だから

正しい方法。 あることはある。 近道はある。 確実に。 ある意味、それを教えるのが塾の仕事。 そして、それを自分のものにするのが塾生の仕事。 でも、その前に君にして欲しいことがある。 それは、自分で考えること。 めちゃくちゃぎこちなくて良い。 下手で良い。 恥ずかしくて、他人に見せられないような方法でよい。 君ひとりだけの脳みそを使ってどこまで考えたか。 それを見せて欲しい。 「全然わかりませんで

生徒に負荷をかける

伸びない生徒の特徴です。 計算をつねに暗算でやり、間違ったらその直しも暗算でやる生徒。このような生徒は、自分に分かる問題を解くのは驚異的に速い。ところが、分からない問題に遭遇するとピタッと手が止まり、思考も止まる。そして、白紙答案を出す。記述問題はやらないか指定字数の半分も書かないで提出する。作図問題や証明問題部分も白紙が多い。それで許されると思っているらしい。甘えている。 (OECDの調査でも

©2019 by 齊藤塾。Wix.com で作成されました。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now