検索
  • Saito Shigeru

プレゼン練習の陰で。


PISAの影響なんでしょうか。 国語の教科書にプレゼンの練習のようなものが多く見られます。

日本人は発信が苦手だとの認識からでしょう。 指導要領がそうなっているのですが。

これからは、自分の考えを筋道立てて相手に伝えられることが求められる。 出来れば英語で。 グローバル社会で活躍できる人材の育成には発信力の養成が欠かせない。

まあ、その通りだとは思いますが。 反対はしませんよ。

ただ、

新しいものを導入するときには、必ず犠牲となっているものがあるのです。 発信力の養成や英語力の充実の陰で、文章の読解が犠牲となっていないことを祈ります。

読解。

読みながら考える。 考えながら読む。 日本人は日本語で考えています。 好むと好まざるとにかかわらず。

日本人は論理的思考を「必ず」日本語でやっています。 論理的思考をどこで鍛えるべきなのか。

論理が甘い人は、その上に何をのっけても崩れ落ちます。

0回の閲覧

©2019 by 齊藤塾。Wix.com で作成されました。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now